カナガンドッグフードのこだわり

獣医師が勧めているカナガンドッグフード。カナガンドッグフードは、イギリス産高級グレインフリードックフードとなっており、プレミアムドックフード売上NO1を誇るドックフードになっています。
そんな、カナガンドッグフードには、こだわりが満載です!

 

・グレインフリードックフードとしてのこだわり

 

グレインフリードックフードつまり、穀物不使用のドックフードとして販売されているカナガンドッグフード。
その理由は、犬本来は、肉食動物であると言う点い注目しているからです。
犬は本来、肉食の動物です。
そんな肉食の動物に穀物であるトウモロコシや小麦、大麦の入っているドックフードを与えてしまうと消化器官に大きな負担を与えてしまう事も考えられます。
また、犬によっては、アレルギー反応を起こしてしまう事も十分に考えられるのです。
とは言っても、ほとんどの犬の場合、穀物が入っているドックフードを食べていたとしても、何か変化を起こすと言った事はありません。
しかし、だからと言って、安心する事ができると言う事ではなく、穀物が多く配合されているドックフードを食べていても、この穀物に関しては、犬に全く栄養価のないものだと言う事になるのです。
なので、食べていても、栄養に関して、意味のないものだと言えるのです。
そういった事から考え、カナガンドッグフードでは、一切、穀物を使用しないドックフードとなっているのです。

 

・人間が食べる事ができるほどの高品質へのこだわり

 

カナガンドッグフードの品質へのこだわりは、非常に高く、高品質でしかも、新鮮なものを選び、作られています。
その為、人間が食べても安心だと言う原材料ばかりとなり、原材料も厳選されたイギリス産のものを使用して作られています。

 

・品質管理へのこだわり

 

いくら、厳選された材料を使用していたとしても、品質管理が行き届いていない場合、決して、安全なドックフードとは言えません。
そんな、品質管理へのこだわりも強いカナガンドッグフード。
製造されている工場は、国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得している工場で、しかも、州議会と英国小売協会にも認められた工場になっています。
その為、工場の品質管理においては、間違いないと言えるのです。
そして、新鮮さを保つ為の品質管理へのこだわりとして、大量生産はせず、少量ずつの生産を心掛けているカナガンドッグフード。
また、日本国内に持ち込まれる分に関しては、オーダー生産となっている為、常に新鮮なドックフードを手に入れる事が可能になっています。
工場内の製造ラインは、モニターで監視している徹底ぶり。そして、品質テストにおいては、製造前・製造後の2回にわたって行っています。
各メーカーから届いた材料の品質テストを行い、その後、出来上がったドックフードの品質テストを行う事で、より確実な品質のドックフードを提供する事ができるようになっているのです。

 

・どんな大きさの犬でも食べる事ができる為のこだわり

 

海外のドックフードの場合、一粒、一粒が大きく、小型犬には食べにくいドックフードも少なくありません。
しかし、カナガンドッグフードの場合は、どんな犬種の犬にも食べやすいようにと小粒のドックフードになっています。
その為、小型犬でも食べやすく、どんな犬にでも合うドックフードになっています。

 

・製造番号と12か月追跡システムへのこだわり

 

カナガンドッグフードのパッケージには、番号が印字されています。
それが何を示すのかと言うと、それぞれの原材料の調達先や日時となっており、その番号を確認すれば、すべてを確認する事ができるシステムになっているのです。
その為、このカナガンドッグフードがいつ、どこから来た材料で作られたのか?生産日はいつなのか?と言う事を把握する事ができるのです。
また、生産ごとにサンプルとして保管されたドックフードは1年間保管され、出荷後の品質管理においても、十分行う事ができるよう徹底した管理を行っているのです。

 

・まとめ

 

以上がカナガンドッグフードのこだわりの数々になります。
犬の場合、人間と違って、毎日、同じものを食べ続ける事になります。
と言う事は、粗末なドックフードを選んだ場合、それを毎食、毎食、食べ続けると言う事になってしまうのです。
それは、犬の体にとって、大きな負担にもなりかねません。
また、粗末なドックフードを食べ続けた事によって、思いもよらない病気になってしまう事も十分に考えられるのです。
そう考えると、どれだけ、ドックフード選びが大切なのかと言う事がわかるかと思います。
そういった面から考え、様々なこだわりを持ったカナガンドッグフードなら、安心して愛犬に与える事ができると言えるのです。
徹底した品質管理はもちろん、多くの愛犬が喜んで食べると言う事も評判の一つとなっており、今まで、ドックフードを好まなかった愛犬でも、喜んで食べてくれる、そんな、ドックフードになっていると言えるのです。